\ 先着5名様限定で最大100万円ご支援 /
AVD(旧 WVD)セキュリティ強化パック

セキュリティ事故の後で気づくのでは遅い!
「AVD (旧 WVD)だけ」では守れないセキュリティリスクが存在します

AVD (旧 WVD)は「仮想デスクトップ」という仕組み上、ユーザーの端末にデータは残しません。
しかしセキュリティの観点では、AVD (旧 WVD)だけですべてのリスクに対応できるわけではありません。

AVD (旧 WVD)だけで対応できるリスク

  • 端末を紛失しても情報漏洩するリスクが少ない
  • ユーザーの端末がウィルスに感染しても、仮想デスクトップ環境には影響がない

AVD (旧 WVD)だけでは対応できないリスク

  • AVD (旧 WVD)のID/PWが漏洩し、第三者が社内のシステムにアクセスする
  • AVD (旧 WVD)内のデスクトップから危険なサイトへアクセスし、マルウェアに感染する
  • AVD (旧 WVD)が稼働しているAzure環境にDDoS攻撃がされ、トラブルが起きる
  • 継続的に監視ができず、セキュリティリスクの検知、トラブルの判断に問題がでる

情報漏洩による直接の被害、業務環境のトラブルで事業が止まる間接的な被害。
万一のセキュリティ事故を起こさないため、事前の対応が必要です。

  • セキュリティのリスクがどこにあるかを知り、守るべきポイントを把握する
  • セキュリティ対応に何が必要か、費用面・運用コストの面も含め理解する
  • リスクに対しどこまで対応をするか、どこまで許容するかを判断し、対応する
  • 費用や管理工数を無駄に増やさず、継続して運用する

AVD (旧 WVD)に必要なセキュリティを追加する

Microsoftのセキュリティライセンスや、AVD (旧 WVD)の基盤であるAzureのセキュリティ機能を活用できれば、
AVD (旧 WVD)含むAzure環境全体のセキュリティリスクを低減することができます。

Microsfotのセキュリティソリューションを使うことで、
サードパーティ製品が入ることで管理が煩雑になる問題も防ぐことができます。

主なセキュリティソリューション

ID セキュリティ強化

Azure AD Premiumによって、ポリシー設定、振る舞い分析、条件付きアクセスの設定、IDの不正利用検知が実現可能

クライアント環境保護

Microsoft Defender for Endpoint やIntuneの活用で、AV,EDRによるクライアント保護、アプリインストール制限、企業ポリシーの適用/遵守の実現が可能

ネットワーク保護

Azure Firewallによるwebフィルタリング、閉域網NW設計が可能

ログ管理 セキュリティ運用

Log Analytics、Azure AD Premium、Security Center、Sentinelによる、アクセス/監査ログ収集、ユーザの振る舞い分析、機械学習・AIを利用した高度な脅威分析を行うことが可能

費用


ライセンス

既にMicrosoftのセキュリティライセンスをお持ちであれば追加費用は不要です。

Azure費用

Azureの利用料金についても、使った分のみの従量制の課金となります。


AVD (旧 WVD)セキュリティ強化パック

「そのサービスを使うのが適切なのかわからない」
「そもそも、Azure基盤までのセキュリティ考慮した設計を自社で行うのは難しい」
とお困りの方に向けて、セキュリティを強化したAVD (旧 WVD)の検証環境を構築するパッケージをご提供しています。


マイクロソフト社の支援プログラムが適用できる場合、最大100万円が支援されます。
※マイクロソフトの営業が案件を認識し、社内審査を通過した案件が対象となります。
案件の審査が下りないなどの事由がある場合は、ご提供できない場合がございますことご了承ください。

選べるセキュリティメニュー

基礎セキュリティメニュー​

ユーザの動きを監視、アラートを出すことによってインシデント発生を防止。ログ取得の仕組みも組み込み、万が一インシデントが発生したとしても迅速な原因の特定・対応により被害を最小限に抑えることができます。

エンドポイント保護メニュー​​

基礎セキュリティに加え、EDRを追加。クライアントとオンプレADを保護・監視することで、標的型攻撃やランサムウェアの対策ができます。
また、3rdパーティー製のSaaSアプリケーションの制御も可能となるため、端末を制限しない安全な業務を実現することが可能となります。

データ保護メニュー​

AVD (旧 WVD) Professional セキュリティに加え、高度な情報漏洩対策を実現。データを分類、ラベル付けをすることで保管場所や所有者に関わらず、閲覧範囲、編集権限、使用可能期間などを制限し、情報漏洩のリスクを軽減できます。また、OutlookやSharePointと連携し、不正な文書やリンクからユーザを守ります。

基礎セキュリティメニュー​​ エンドポイント保護メニュー​​ データ保護メニュー オプション
主なセキュリティ強化
  • 条件付きアクセスなど認証の入り口のセキュリティの強化する
  • Webアプリケーションを、Web の脆弱性および攻撃から保護する
  • フィルタリングによる危険なサイトへのアクセス制限を行う
  • Azure上の脅威や通常と異なるアクティビティを検出・アラートを出す
  • 条件付きアクセスなど認証の入り口のセキュリティの強化する
  • Webアプリケーションを、Web の脆弱性および攻撃から保護する
  • フィルタリングによる危険なサイトへのアクセス制限を行う
  • Azure上の脅威や通常と異なるアクティビティを検出・アラートを出す
  • クライアントへの悪意あるアクセスをいち早く検知し、感染後のインシデントの対応をサポートする
  • ADへの通信の情報を収集・分析し、侵害の検出・予防する
  • Office 365の不審な操作・アクセスを自動検出、対応優先度を選別する
  • シャドーITを監視、制御する
  • 条件付きアクセスなど認証の入り口のセキュリティの強化する
  • Webアプリケーションを、Web の脆弱性および攻撃から保護する
  • フィルタリングによる危険なサイトへのアクセス制限を行う
  • Azure上の脅威や通常と異なるアクティビティを検出・アラートを出す
  • クライアントへの悪意あるアクセスをいち早く検知し、感染後のインシデントの対応をサポートする
  • ADへの通信の情報を収集・分析し、侵害の検出・予防する
  • Office 365の不審な操作・アクセスを自動検出、対応優先度を選別する
  • シャドーITを監視、制御する
  • メールの添付ファイルの保護を行うことができる
  • Office文書やメールの高度なアクセス制御や暗号化ができる
  • その他運用要件や お客様環境に合わせた追加のMS製品、3rdParty製品と合わせた設計が可能となります。
ライセンス Microsoft 365 E5 or EMS E5
主要コンポーネント Azure AD Premium​ / Azure Firewall / Security Center​ / Azure Defender Azure AD Premium​ / Azure Firewall / Security Center​ / Azure Defender / Cloud App Security​ / Defender for Endpoint​ / Defender for Identity Azure AD Premium​ / Azure Firewall / Security Center​ / Azure Defender / Cloud App Security​ / Defender for Endpoint​ / Defender for Identity / Azure Information protection​ / Defender for Office365 Microsoft Endpoint Configuration Manager/WSUS/Intune/Teams セキュリティ/Power Automate/Azureデータ分析基盤/3rd Partyソリューション及びアプリケーション
構築費用(初期) 250万円~ 450万円~ 700万円~ 個別見積もり
ライセンス費用(月額) EMS E5の場合、1,610円/ユーザー
※すでにライセンスをお持ちの場合、追加購入は不要
Azure費用 従量課金
※ご利用される環境の規模によって変動します。
※概算費用をご提示しますので、お気軽にお問い合わせください。

Citrix Cloud/VMware Horizon Cloudを活用し、
細かいご要件にも対応していただけます

Azure Virtual Desktop
(旧 Windows Virtual Desktop)

Citrix Cloud with WVD

Horizon Cloud with WVD

Azure Virtual Desktop(旧 Windows Virtual Desktop) のセキュリティや管理性を強化したい方は、
Citrix Cloud、VMware Horizon Cloud と組み合わせて利用するのがオススメです!

実施の流れ

初期構想

  • 課題の整理
  • 現状調査
  • 概算費用提示

要件定義

  • コスト試算
  • 導入の判断
  • 要件・サービス仕様の確定

設計・構築

  • クラウドデザイン
  • AVD (旧 WVD)+セキュリティの構築
  • 引き渡し

検証

  • アプリケーション導入
  • 動作検証
  • パイロットユーザー利用
  • スキルトランスファー

本番稼働

  • 利用開始
  • 運用・保守サポート

日商エレクトロニクスについて

日商エレクトロニクスはオンプレミスと、クラウドのナレッジが豊富です。 ご安心してお任せください。

豊富なクラウド支援実績

下記の企業様を始め、多くのクラウド活用をご支援させていただいております。

Azure ゴールドパートナー

Microsoft Azureのゴールドパートナーに認定されています。専門知識のある技術者がご支援します。

幅広い分野でご支援

クラウドだけでなく、オンプレミス、アプリケーションまで幅広く対応可能です。

注意事項

・導入後の変更に関わる作業をご依頼いただく場合、別途作業費用が必要となります。
・本キャンペーンは2021年6月時点での内容であり、以後、変更される可能性があります。
・5社様に達した時点でキャンペーンを終了いたします。また、予告なく早期終了する場合がございます。
・価格は、設計・構築・スキルトランスファーのみのものです。ライセンス・Azure利用費用・保守費用は含まれておりません。
・記載されている会社名、製品名等は各社の商標もしくは登録商標です。

AVD(旧 WVD)セキュリティ強化パックの詳細についてのお問合せ、ご相談は
下記のフォームよりお願いいたします