クラウドVDIトライアルキャンペーン
Azureで使える3つのVDIを選んで試そう!


デスクトップ仮想化をご検討されている企業の方々に3種類のVDI環境を
選んで試せるトライアルをご用意!


MicrosoftのVDIである「Windows Virtual Desktop(WVD)」
VDIの老舗VMwareの「Horizon Cloud on WVD」
Citrixの「Citrix Cloud on WVD」


クラウドVDIをお得に試せるチャンスです!


VDI活用前にこんな悩みはありませんか?
trial_nayami.png


自社でVDIを実際に使うとなった際、気になる点がいくつもあると思います。

ユーザーの使い勝手、自社システムとの連携、運用方法等々・・・。

導入前に不安に思う点を洗い出し、解消していきましょう!




クラウドVDIのメリットとは?

クラウド  VDI オンプレミス VDI の運用の手間やコストを解消


なぜMicrosoft Azure? なぜWindows Virtual Desktop(WVD)?
多くの企業がお使いのWindowsServer、AD、O365との連携や、ライセンスのお得な利用できる!

wvdpoint.png



< Windows Virtual Desktop トライアルの特徴 >

trial_2.png


< トライアル環境 >

pocenvironment_2.png


< 本キャンペーンに含まれるもの >
  • オンプレミス環境のADを利用する場合:VPN ※Azure AD Connectを構築
  • オンプレミス環境のADを利用しない場合:Azure AD Domain Servicesを構築
  • 管理サーバー/管理テナントを作成
  • ファイルサーバー構築
  • マスターイメージ作成(最大1種)
  • 仮想デスクトップの展開(最大10台)
  • 仮想デスクトップの補助機能を実装(Citrix/VMwareライセンスについては別途費用が発生する場合があります。)

  ・Horizon Cloud on WVDCitrix Cloud on WVDFSLogix(ユーザープロファイル管理)

  ・Native WVD:多要素認証、電源管理、FSLogix(ユーザープロファイル管理)

  • PoC環境構築完了後、1カ月間のQAサポート

オンプレミス環境のVPNルーターは作業範囲に含みません

  

< キャンペーン適用条件>

・本キャンペーンはマイクロソフトの営業が案件を認識し、社内審査を通過した案件を対象とするキャンペーンです。案件の審査が下りないなど

 の事由がある場合は、ご提供できない場合がございます。予め、ご了承ください。

・本番環境において、月間25名以上のアクティブユーザーをコミットいただけること。

2020529日までのご発注、 2020630日までにPoCを完了・検収いただけること。

PoCと本番環境において、日商エレクトロニクスからAzureCPS契約でご購入いただけること。

PoC開始日は、お客様のご希望と日商エレクトロニクスのリソース状況を鑑みて決定いたします。

Windows 10 Enterprise E3/E5 ライセンスが別途必要となります。

Office 365 ProPlus ライセンスが別途必要となります。

・多要素認証の検証には、AzureAD Premium P1/P2 ライセンスが別途必要となります。

・お客様のご希望や環境によって規定以上の POC 内容になる場合は別途費用負担いただきます。

10社様に達した時点でキャンペーンを終了いたします。また、予告なく早期終了する場合がございます。




▼ トライアルご希望の方は下記フォームよりお問合せ下さい ▼
申込期限:2020年6月30日まで
当社【 個人情報の取り扱いについて 】をお読みいただき、ご同意の上、送信ください。