いま話題のVDI!
Windows Virtual Desktopを試してみよう


VDI 導入前にこんなお悩みはありませんか?

trial_nayami.png


自社でVDIを実際に使うとなった際、気になる点がいくつもあると思います。

ユーザーの使い勝手、自社システムとの連携、運用方法等々・・・。

導入前に不安に思う点を洗い出し、解消していきましょう!




クラウドVDIのメリットとは?

クラウド  VDI オンプレミス VDI の運用の手間やコストを解消



なぜWindows Virtual Desktop(WVD)が注目されるのか?



wvdpoint.png







日商エレクトロニクスのトライアルサービスは、

以下の つの製品から選べます!




Windows Virtual Desktopのセキュリティ/管理性を強化したい方は、

VMware Horizon Cloud 、Citrix Cloudと組み合わせて利用するのがオススメです!




\ VDI 25 台まで構築 /


POC環境構築 + 1ヶ月サポート 200 万円~



※Microsoft社が案件支援金を提供する場合、最大100万円お値引きします。

※POC終了後はそのまま本番環境として活用OKです



< 本サービスに含まれる内容>



pocenvironment_2.png・オンプレミス環境のADを利用する場合:VPN ※Azure AD Connectを構築
・オンプレミス環境のADを利用しない場合:Azure AD Domain Servicesを構築
・管理サーバー/管理テナントを作成
・ファイルサーバー構築
・マスターイメージ作成(最大1種)
・仮想デスクトップの展開(最大25台)
・仮想デスクトップの補助機能を実装
 (Citrix/VMwareライセンスについては別途費用が発生する場合があります。)
Horizon Cloud on WVDCitrix Cloud on WVDFSLogix
 (ユーザープロファイル管理)
Native WVD:多要素認証、電源管理、FSLogix(ユーザープロファイル管理)
        
・PoC環境構築完了後、1カ月間のQAサポート

オンプレミス環境のVPNルーターは作業範囲に含みません

  

< キャンペーン適用条件>


・本キャンペーンは2020年7月時点での内容であり、以後、変更される可能性があります。

・キャンペーンのお値引きについては、最低25名以上の導入を3か月以内で完了することが条件の1つとなっています。

・本キャンペーンはマイクロソフトの営業が案件を認識し、社内審査を通過した案件を対象とするキャンペーンです。

 案件の審査が下りないなど の事由がある場合は、ご提供できない場合がございます。

PoCと本番環境において、日商エレクトロニクスからAzureCSP契約でご購入いただけること。

PoC開始日は、お客様のご希望と日商エレクトロニクスのリソース状況を鑑みて決定いたします。

Windows 10 Enterprise E3/E5 ライセンスが別途必要となります。

・Microsoft 365 Apps for enterprise ライセンスが別途必要となります。

・多要素認証の検証には、AzureAD Premium P1/P2 ライセンスが別途必要となります。

・お客様のご希望や環境によって規定以上の POC 内容になる場合は別途費用負担いただきます。

10社様に達した時点でキャンペーンを終了いたします。また、予告なく早期終了する場合がございます。




まずは、お気軽にご相談ください。

下記のフォームよりご相談を受け付けております。



当社【 個人情報の取り扱いについて 】をお読みいただき、ご同意の上、送信ください。