資料ダウンロード

ハイブリッドクラウドによるDX推進
「Azure Stack HCI」採用が最適解となる理由
~Azure Stack HCI ご紹介資料~

クラウドオンリーでもなくオンプレ回帰でもない「ハイブリッドクラウド」が主流に

ハイブリッドクラウドを選択する企業では、オンプレミスでシステムを構築する際にハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を導入するケースが増えています。しかしオンプレミスとクラウド、それぞれオペレーションが異なり逆に煩雑になるという懸念もあるかとおもいます。一貫したオペレーションで、さらにワークロードを適材・適所におけるクラウドプラットフォームが理想的です。そんなクラウドプラットフォームを実現するのが「Azure Stack HCI」です。​

「Azure Stack HCI」の6つの特長とは?​

特長のひとつが、HCI業界ダントツのハイパフォーマンスです。SDSをOSカーネルで処理できること、そしてRDMA(Remote Direct Memory Access)という高速低遅延ネットワークによりハイパフォーマンスを実現できます。この資料では、この特長を含めた6つの特長についても詳しく解説しています。​

Windows Server 2012の延命にも利用できます。​

Azure Stack HCIを利用することで、延長サポートが終了する「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」を継続利用できます。​

こんな方におすすめいたします。

● HCI+クラウドのハイブリットクラウドを検討している方
● 機密性の高いデータやレガシーシステムによりクラウドへの移行が難しい方
● オンプレミスとクラウドの一貫したオペレーションを実現したい方

目次

・はじめに
・Azure Stack HCI とは
・Azure Stack HCI 6つの特長
・Azure Stack HCI が活用できるシーン
・Azure Stack HCI ユースケース
・Azure Stack HCI 3つのメリット
・Azure Stack HCI 基本構成
・Azure Stack HCI 製品ラインナップ
・Azure Stack HCI 料金体系
・保守・監視・運用が三位一体となったクラウドサポート

当社【 個人情報の取り扱いについて 】およびVMware社【 個人情報の取り扱いについて
をお読みいただき、ご同意の上、送信ください。